犬

がんで行われる治療

動物病院

自分の飼っている犬が癌を発症してしまったとき、飼い主としてはとてもショックを受けてしまうかもしれません。
ですが、治療次第では癌を改善していくことが期待できますので、取り乱すことなく落ち着いて治療法について考えていきたいところです。
犬の癌治療として行われているのは、手術、化学療法、放射線の3つです。
このページで、それぞれの治療法について説明していきますので、犬を飼っている人は癌を発症したときにどういった治療の選択肢があるのかを把握しておきましょう。

それほど症状が進行していないとき、腫瘍がそれほど大きすぎないときには手術での改善が期待できます。
また、手術をすることによって病気による痛みなどを軽減することができ、それによって生活がしやすいようにと改善することが可能です。
もし、症状が進行していて腫瘍が大きいという場合には、他の治療法を選択することになります。

癌の転移があり、手術では摘出できないという場合に行われるのが、化学療法による治療です。
この治療では、薬を服用して症状を緩和し、日常生活を送りやすいようにと行うことが目的であり、人間のように病気を改善するというものではありません。
ただ、化学療法の治療を受けることで寿命を伸ばせるといった期待がもてますので、症状を緩和して長生きさせたいという場合にはこの方法を選んで治療をしていくことができます。

手術ができない場合には、化学療法の他にも放射線治療という選択肢があります。
この治療法によって、癌細胞を消滅させていくということが可能ですが、放射線治療は癌が小さい場合や転移のない場合に癌の改善が期待できるものです。
そのため、もし癌が大きい場合や転移があった場合には、一部の癌細胞を消滅させて症状を緩和させることが目的ということになります。