犬

便で見る病気の可能性

犬の癌は大便の状態を見る事で確認する

犬

毎日の様にペットの大便を掃除している方であれば、その大便の状態を確認する事によってペットが病気を患っていないか確認しなければいけません。 犬であれば大便に血が混じっているというだけでも癌を疑うべきですけれど、その大便にどういった色の血が付着していたのかを確認しておく必要もあります。 もし黒い血も混ざっている様であれば、それは腸のかなり奥にある部分であったり、胃から出血している可能性もあるのです。 そういう時には犬の胃癌なども疑っておかなければいけませんし、黒いものが血ではなくペットフードの変色などと思い込まない様にしましょう。 犬の癌というのは苦しみが表情に出てきにくい事も多いですけれど、大便の状態であれば初期症状からも異変が表れやすいからこそ、犬の癌にも気付きやすいです。

早期発見してペットを守ろう!犬の癌

人間と同じように、ペットして飼っている犬にも健康管理は必要です。特に最近では犬の長寿化などで高齢の犬が癌にかかるケースが増えています。 犬も年を取ると癌になるリスクが増えるため、高齢になった場合は健康状態について留意する必要があります。癌にかかった場合、早期発見が肝心になります。 体重減少や食欲不振、そして体の表面にしこりが見つかった際は検査を受けると良いでしょう。検査の結果癌であると分かった場合、治療法は外科的な処置として手術、または抗がん剤などの投薬治療があります。発見が遅れたり高齢のため体力が落ちている場合などは手術がむずかしいというケースもあり、とにかく早期発見をして早急に治療に入るようにすることが一番大切です。