犬

フードで犬の健康を守る

犬

保険会社の調査では、癌を発症しやすい犬種として1位がゴールデンレトリバー、2位にパグ、3位にラブラドールレトリバーという結果が出ています。
なぜ、ゴールデンレトリバーやパグなどが癌になりやすいのかというのは、これらの犬種は癌の遺伝子を持っているのではないかと考えられているようです。
愛犬が癌を発症してしまうと、飼い主はとても心を痛めてしまうかもしれませんが、実は飼い主によって癌を発症させてしまっている可能性があります。
というのも、日頃犬に与えるドックフードによっては、発がん性のある物質が含まれていることがあるからです。
もし、このようなドッグフードを与えてしまうと、犬が癌を発症してしまう可能性が高くなるということも考えられますので、ドックフードを与える際には注意しなければなりません。

どのようにドッグフードを選んだらいいのかと悩んでしまう人も多いかもしれませんが、1番は獣医師やペットの栄養管理士などの専門家に相談してみることです。
それにより、自分の愛犬に適しているドックフードを選ぶことができます。
ただ、人によっては「時間がない」、「どこへ行ったらいいのか分からない」などの理由から、相談せずに自分で選びたいという人もいるかもしれません。
そういった人は、アメリカの飼料検査官協会で定められた栄養の基準にしっかり到達しているもの、成分や内容量、賞味期限、原材料などが記載されているものなどを選ぶのがおすすめです。
しっかりとしたペットフード選びをすることで、癌などの病気を予防して健康的な愛犬に育つことが期待できます。